ビジネスの王道を行こう!

会社設立の流れについて

会社設立の流れ(順番)についてですがこの流れ(順番)は株式会社設立に関しての記述となります。
まず最初に会社設立の元となる人(発起人)を決めます。
その人が大抵代表取締役になります。
次に「商号(会社名)」「事業目的」「会社(本店)所在地」「資本金」「役員」「営業年度」などを決定していきます。
そして、株式会社設立事項のメモを作成しておくことをお勧めします。
このメモを作成しておくと、情報共有や書類作成にとても便利です。
次に法務局で類似商号調査を行います。
もし同じ商号(会社名)をつけてしまったら後にトラブルの原因になることもあるのでとても大切で重要なことです。
次に「代表者印」「銀行印」「角印」「ゴム印」などの会社の印鑑を作ります。
そして定款認証や登記に必要な個人の印鑑証明書の準備も忘れずに準備します。
その後定款の基礎となる事項を決定して、発起人会議事録(発起人決定書)を作成します。
その後、定款の作成として定款を3通、委任状1通を用意します。
そして公証人役場で公証人により定款の認証を受けます。
ここまで済んだら次は出資金の払い込みをします(代表者の個人の預金通帳に各発起人が払い込み金額を振り込みます。
振り込みを証明するためにその通帳のコピーをしておきます。
いろいろな準備が整ったら次は会社設立において必要な書類(就任承諾書・発起人決定書・資本金計上証明書・設立時代表取締役選任決議書)を作成したり、登記申請書・登録免許納付付用台紙・OCR用申請用紙・印鑑届出書を作成します。
そして会社設立登記の申請を法務局で行います。
そして登記が完了します。
登記登録日が会社の設立日になります。
各種届出用に会社謄本と印鑑証明書を取ります。
そして登記完了後、銀行や役所等に各種届出をします。
銀行口座を開設したり、税金関係は税務署と税事務所に、社会保険の届出は年金事務局へ労働保険に関する届出は労働基準監督所とハローワークに出します。
以上が一連の流れ(順番)です。